ボトルが簡単に交換できるウォーターサーバーを紹介

- 見たらわかります!水素水の容器の正しい選び方

見たらわかります!水素水の容器の正しい選び方

水素水を選ぶ時、その効果、効能だけを基準に選んでいませんか。
それももちろん大事ですが、水素水を入れている容器も実はとても大事なのです。

効果などは実際に飲まないとわかりません。
しかし、容器は買う時に目で見れるのでわかりやすいです。
そんな、容器の選び方の基準について紹介していきます。

容器のことを考えていますか?

水素水にとって容器はとても大事です。
それによって、製造してから注入後からの水素の抜け方に違いが出てくるからです。
水素を水に溶け込ませていますが、、通常は水の中から上方に向かって水素は逃げていってしまうのです。

よって、容器を選ぶ基準に入れないと水素濃度が低い水素水を飲むことになるのです。

選ぶ基準としては、拡散率の低い容器です。
水素ガスはとても分子が小さく、容器によって水素ガスが通り抜けてしまって水素が逃げてしまうからです。
容器によって拡散率は違うので、その点を注意しなければなりません。

間違っても拡散率の高い容器は選ばないようにしましょう。

一番おすすめなのはアルミパウチです。
アルミパウチは水素の拡散率が0%なので、いつでもどこにでも水素を持ち歩き、飲むことができます。
水素が最も逃げにくく、水素の保持率もとても高い物です。

抜けやすい容器だとどうなってしまうの?

アルミ缶だと、拡散率は40%です。
水素は酸素と結びつく性質を持っていて、アルミ缶は酸素が少し缶の中に残っている状態なので
水素分子が抜けてしまうのです。

しかし、アルミ缶タイプのものでも、水素濃度が高ければ多少抜けてしまっても効果を得ることができます。

ペットボトルは、拡散率95%でおすすめできません。
時間とともに外に抜けてしまいます。
よって、ほとんど中に残っていない状態になります。

ほとんどのメーカーは抜けにくいアルミパウチを採用していますが、中にはアルミ缶、ペットボトルもあります。
そんな時にずっと抜けにくいのはアルミパウチだということを覚えておきましょう。
水素は目には見えないからこそ大切なことです。

  ← 前の記事:   次の記事: